メイン

告知 アーカイブ

2007年01月23日

出馬表明

 情報がすでにあちこちでちょびちょび漏れてはいるようだが、今年3月22日告示、4月8日投票の東京都知事選に立候補する。
 もちろん供託金が大変なんだが、なんとしてでもなんとかする。
 で、出るとして、次に問題になってくるのは、ポスター掲示板が都内約1万4千ヶ所に設置されるんだが、これは全部自分(たち)で貼って回らなきゃいけない。
 一昨年の霧島市議選の経験から云うと、原付を使って一日百数十枚が限度。告示日およびせいぜいその翌日くらいまでのうちにすべての掲示板に貼って回るためには、だから要するにポスター貼り要員が百名以上必要ってこと。
 首都圏在住の人、あるいは遠方からポスター貼りを手伝いに来てくれる人(6畳のアパートに雑魚寝でいいなら泊められる)、とにかく大量に募集中。まあとりあえずメールを。

 さらに4月14日告示、同22日投票の熊本市議選に立候補する。

 いずれも基本的には、霧島市議選の時の戦術を、多少グレードアップはするが、踏襲する。

 とにかく面白くするから、期待せよ。
 とくに都知事選の方はかなり盛り上がること確実なので、一緒に盛り上がりたい人は連絡を。

イベントのお知らせ

 3月1日(木)、東京・新宿のネイキッド・ロフトという要するに「ロフトプラスワン」の姉妹店で、トークライブをやります。
 「政府転覆共同謀議」と題して、まあ私の今後の活動の展開について、ざっと開陳いたします。
 ゲストに、鈴木邦男氏(一水会・顧問)、すが秀実氏(文芸批評家)がすでに決まっています。
 他にも幾人かに出演交渉中。
 おそらく18:30開場、19:30開演。
 入場料はおそらく1500円。
 まだ未定の部分が多いってことです。
 詳細が決まったら改めて告知します。

2007年01月24日

リニューアルその1

 過去にこのブログに掲載した文章を大幅に削除しました。
 「青いムーブメント」、「百回休み(獄中連作短歌)」、「アリババが四十人の盗賊(戯曲)」その他、主要なものは、これまで「旧サイトのコンテンツ」としていた「http://www.warewaredan.com/contents/」を「前衛政治家・外山恒一」と改称した上でそちらに移します。そちらには新しく、私が過去の音楽方面の活動の過程で書いたオリジナル曲等の歌詞など、新しい記事もアップします。この作業は数日中におこないます。
 今後、このブログでは、これまで「いいこと云う人たち」のカテゴリーで掲載してきたような、日々の読書などで出会った「名言」の数々を引用・紹介する記事をメインとし、その他、近況報告や告知などを随時アップしていきます。

 今後ともどうかよろしく。

2007年02月09日

リニューアル2

 ようやく「旧サイトコンテンツ」(http://www.warewaredan.com/contents/)を全面リニューアルした。
 タイトルも、ここと同じく「前衛政治家・外山恒一」となっている。
 まあ詳しくは実際に見てもらえばよいことだが、私の今後(選挙終了後)のメインの活動となる私塾構想や、過去サイト(今回の更新前のという意味ではなく、入獄前の)には掲載していた、昔の文章もだいぶ収録した。予告どおり、獄中連作短歌や唯一の戯曲『アリババが四十人の盗賊』、それから続きを鋭意執筆中のライフワーク『青いムーブメント』も収録した他、過去にオリジナル曲の歌詞として書いた中から主なものを発掘して掲載してもいる。
 ともかく隅から隅まで読むべし。

2007年02月15日

3/1イベント最新情報

 出演者にさらに旧知の友人で“社会派エロマンガ家”の山本夜羽音氏が決定!

 情報をまとめると以下のとおり。

 「政府転覆共同謀議」
 3月1日(木) ネイキッドロフト(新宿)
 午後6時半開場、7時半開演、10時半頃まで
 1500円+ドリンク

 出演 外山恒一
     鈴木邦男
     スガ秀実
     山本夜羽音(司会)
     他、さらに交渉中

 というわけなので特に首都圏在住者は万難を排して駆けつけるように。

2007年02月18日

ポスター貼り要員が足りません!

 ポスター貼り要員の不足が、目下最大の問題です。
 鹿児島での経験から、原付等を使って、一日百ヶ所あまりといったところです。
 都知事選の場合、なんと約1万4千ヶ所もポスター掲示場があります。
 つまり一日で貼ってまわるには最低でも百人は必要ということですね。
 首都圏在住もしくは東京まで来てくれる人(私のアパートに泊まれます)で、3月22日、一日中動ける人、ぜひこぞって志願を。

2007年04月24日

簡単な活動予定告知

 二つの選挙戦は想定していた以上の反響を呼び、いろいろと予定も狂ってきている。
 私の活動に好意的な関心を持っていただいた、熊本の諸君には申し訳なく、東京をはじめ首都圏の諸君には朗報となろうが、しばらく九州・熊本からは出ない、という予定を変更することにした。
 都知事選終了後の事務処理に時間をとられた結果、フェリーで熊本入りすることができず、熊本市議選終了後すぐに原付を取りにいったん上京しなければならなくなったのだが、5月14日に東京でイベントをおこなうことになったので、せっかくだからその間わざわざ熊本には戻らず、東京に滞在することにする。
 「5月14日のイベント」については後述するが、どうせなら他にも私に東京で何かイベントへの出演を依頼したい等の要請があれば、早めに連絡いただきたい。
 ただし、4月中の予定はほぼすでに埋まっているので、5月1日〜13日の期間中のみ、5月5日は私の「釈放記念日」を(たぶん身内で)祝うので除く。また原則として、禁煙の場所にはあまり行きたくない。
 「個人的に会いたい」旨の電話やメールが結構多くて大変疲れている。同じような状況に置かれた場合の心境を察してほしい。黒色クートベへの入塾志願であればともかく、単に「興味があるから」会いたいなどと云われても困る。鬱陶しくて電話に出ない時もあるので、とくにこの件に関してはメールによる打診を希望する。メディア関係者等による取材依頼等についても同様。
 また、「5月14日のイベント」を終えたらすぐに東京を発つが、思うところあって直接熊本へは向かわず、なんと札幌へ寄ろうかと考えている。滞在は一週間くらいか。その時期に札幌で何らかのイベントに出演してほしい、などの打診も受け付ける。札幌でなら、現段階ではあまり希望者も少なかろうから、「個人的に会いたい」類の申し出にも対応できるかもしれない。ただし連絡はメールで。
 その他の地域での、あるいは東京・札幌での上記時期以外のイベント出演等の打診については、交通費支給が最低条件で、もちろん依頼の内容にもよるが、できるかぎり対応していくつもりである。

 熊本市議選ではなんとか供託金奪還に成功したが(http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007042301.htmlは誤報であるからご安心を。しかし本当に危なかった。知らない諸君も多かろうと思うが、実は供託金30万円だけでなく、選挙カーのレンタカー代、ガソリン代、運転手代、そしてポスターの印刷代の計たしか百数十万円が、後払い契約で、供託金ラインをクリアすれば選管持ち、そうでなければ自腹、というしくみがあって、もう大変なことになるところだったのだ)、没収前提だったとはいえ東京都知事選での供託金300万円は全額友人からの借金であり、最悪6年かけて返済という約束だが、もちろんできるだけ早く返済してあげたいので、例のアレとか、ちょっとイメージ的にどうかと思うような仕事も引き受けたりするだけでなく、さらに姑息な手段も行使してゆくつもりだ。都知事選のポスターを一枚500円くらいで売るとか、あんまり残ってない熊本市議選のポスターや、記念にとっておくほどではない双方の選挙グッズ(運動員用の腕章とか)はオークションにかけるとか。状況が状況なので、大目に見てほしい。詳細はまた追って告知する。

 最後に、「5月14日のイベント」について。
 東京・新宿のネイキッドロフト(http://www.loft-prj.co.jp/naked/)で、二つの選挙戦を振り返るイベントをおこなう。たぶん18:30開場、19:30開演とかで、入場料は1500円か2000円にプラス1ドリンク。私だけでなく、例の「素人の乱」の松本哉君(私の熊本市議選と同じ日程で杉並区議選に出馬、本人の希望どおり「落選し、供託金ラインはクリア」)もメイン出演者となる予定。
 詳細は続報を待て。

 あとこれは主催者に迷惑がかかるといけないので詳しいことは書けないのだが、4月29日に、某所でのちょっとした路上イベントに飛び入り参加予定。東京ではない。

 その他、今後の予定は順次ここで告知してゆくので、引き続き外山恒一の政府転覆計画にご注目を。

2007年04月30日

外山恒一誕生パーティ

 東京に来ている。
 私は今後、九州で革命家養成塾「黒色クートベ」の塾長として余生(?)を過ごす予定なのだが、一連の選挙での反響をこのまま放置するわけにはいかないだろうということで、それを何か意味ある展開につなげてゆくべく、連日ミーティングを繰り返している。
 その過程で、私の誕生日を祝おうという話が出た。

 私の誕生日は、5月5日である。
 マニアックな方面は、んん?、と思うかもしれない。
 たしかに私の戸籍上の誕生日は7月26日である。
 もっとマニアックな方面は、納得するだろう。
 5月5日は、私の釈放記念日なのである。
 私は獄中で一度死に、2004年5月5日に再生した。
 だから来る2007年5月5日は、私の3才の誕生日なのである。

 基本的にはスタッフをメインにおこなう内輪のイベントである。
 が、東京滞在は今後あまりないし、せっかくだからなんというか“ファン・サービス”的な意味あいもこめて、まあ10人程度なら呼んでもいいんじゃない?、という話になった。
 というわけで参加希望者はメールで連絡を。
 先着(約)10名をご招待(といっても飲み代ワリカンだが)しよう。

2007年05月01日

幻の演説

 熊本市議選で、スケジュール表で予告しておきながら、諸般の事情で結局やれずじまいだった「熊本高校前演説」。
 聞くところによれば、授業をサボって校門前で待っていた感心な諸君も数名あったらしい。
 実は原稿だけはその予定日とっくに完成していて、単にいろいろ予定が狂って実行できなかっただけだ。
 感心な高校生諸君には申し訳ないことをしたと思い、ちょっと約束を果たすのが遅れてしまったが、
 http://www.warewaredan.com/
 でその演説原稿を近く公開する。
 わがIT担当が鋭意作業を進めているので、あと何日かアップを待っていてほしい。

2007年05月02日

幻の単行本

 まったくメディアはどうしようもない。

 あちこちで、私と某芸人との対談を望む声が見られるが、そもそも対話が成立するわけがない。
 私は100%マジだが、あちらさんは100%ギャグでやっているのだから。
 もちろん日本を代表する革命家たる私は、お笑いだろうが演劇だろうが、およそあらゆる話題に対応できる、つまりあちらさんのフィールドなりレベルなりに私が合わせることは簡単だが、右翼思想についても左翼思想についても一度も真剣に我がこととして考察の対象にしたことがないであろうあちらさんは、こちらのフィールドやレベルに合わせることはできないはずだ。単なる芸人なのだからそれでいいっちゃあいいんだが、単にお笑い芸人としても彼を否定的に評価している私は、向こうのレベルに合わせてやろうというつもりがない。
 要するに、そんな対談が実現したとして、私は痛くも痒くもないが(メリットもないが)、あちらさんにとっては100%マイナスだ。そんなことは、あちらさん自身がよーくお分かりだろう。だから、そんなものはまず実現しない。

 しかし素人さんがこの対談を望むのはまあ仕方がないとしても、プロの編集者がそれと同レベルの発想しかできないのにはもう腹を切って死ぬべきだとしか云いようがない。
 実は、二つの雑誌からほぼ同時に、この対談の打診がある。
 私は「まあ別にかまいませんよ」と応じたが、「しかし向こうが断ると思いますけどね」とイヤミを付け加えておいた。
 どっちかで対談が実現するかどうかは分からない。
 せめて「外山・石原」対談くらいの企画は思いつかんもんかね。
 雨宮処凛氏とも対談した石原氏だ。“キワモノ”だからと云ってそれだけで断りはすまい。それなりの雑誌が、ちゃんと打診すれば、充分実現する企画だ。
 お互いファシストだし、しかも都知事選の勝利者同士だ。一緒になって浅野攻撃で盛り上がったりしたら、衝撃的な読み物になるだろう。

 そんなわけで昨今のメディア関係者のレベルはどうしようもない。
 実は都知事選の前、いくつかの出版社に、なんでもいいから私の本を出さないかと持ちかけた。
 私の過去の経歴も付して、絶対に注目されるから、告示直前に刊行すれば必ず売れる、と。
 反応はまったくなかった。
 やってれば売れたのにね。
 やっぱり腹を切って死ぬべきだね。

 この幻の単行本企画、『アナーキー・イン・ザ・選挙』と題して、前半は、都知事選を機に「こいつは一体どういうヤツなんだ!?」と関心を持った向きに応える経歴篇、後半は、都知事選以前に私がおこなった三度の選挙運動(私自身が立候補したわけではないものも含む)について詳述、という構成になる予定だった。
 あちこちに打診している時点ですでに前半は完成していたのだが、後半は結局書かずじまいとなった。つまり、過去の三度の選挙運動についてはまだ言及しないまま、プッツリ終わる未完成原稿だ。
 後半部分は、これから書こうとしている今回の二つの選挙を含めた一連の活動の総括本と重なるからその刊行を待ってもらうとして(もちろんどこからも打診はなく、とりあえず書き上げてどっかに売り込もうとしているだけだ)、前半部分については、もはや今さら使い道がない。
 というわけでこれも近日中に、
 http://www.warewaredan.com/
 で公開するから、カツモクして待て(というほど大した内容でもないんだが。まあぶっちゃけ内容はどーでもいいんだ的に、自分で自分に便乗しようとしただけの原稿だし)。
 自作自演のインタビュー形式で、まだ素の原稿だから「小見出し」みたいなものも付けてなくてひたすら読みにくいだろうが、まあ。

外山恒一ファンクラブ!?

 都知事選等での反響を単なる一過性のものに終わらせず、あるていどの沈静化はやむを得ないとしてもそれなりに有意義なものとして今後の活動基盤としうるよう、東京のスタッフと共にミーティングを重ねている。
 単に興味本位やミーハー気分でコンタクトをとってくる層もまあそれはそれでよいではないか、というわけで、ファンクラブ的なものを近々立ち上げることになった。
 もちろん、私の思想信条に共鳴したり、共鳴しないまでもマジメな検討対象ととらえてくれる向きや、支援、さらには活動への参加を検討してくれている向きのために、もうちょっと狭い枠組みでの組織も別立てで立ち上げる。
 が、後者はもうちょっと準備に時間がかかりそうで、やろうと思えば比較的簡単に可能な前者を先に立ち上げることになった次第である。
 詳細は近く、
 http://www.warewaredan.com/
 の方で告知があると思うが、すでに予告している都知事選や熊本市議選でのポスター販売や、「まだ反抗期」Tシャツをはじめとする私のオリジナルTシャツの販売、あるいは例の「賛美歌第13番」など私のオリジナル曲をちゃんと録音して販売する、などの活動はこの枠で今後順次展開していく。
 ファンクラブ的な組織の名称は、「我々少数派」となる予定だ。

 しかしいつまでも政見放送ネタで引っ張るのもいかがなものか、ということで、今後新ネタ(?)をYOU TUBE他で発表していく予定もあるから、そちらも期待して待て。

2007年05月09日

玄人の乱1号店

 今後の方針がおよそ固まってきた。

 私は従前からの予告どおり、今月末には主な所在を九州・熊本に移し、しばらくは執筆活動と、党(我々団)建設に全力をそそぐ。
 これとは別に、主に都知事選を機に結集した中から形成されてきた“東京外山一派”的な数名のスタッフが、私の東京出張事務所のような機能を担いながら、並行して独自の活動も追求していく。

 私はいよいよ03年の獄中転向以来の悲願であった九州ファシスト党・我々団の建設にとりかかるが、これについては項を改め、まずは“東京外山一派”の活動について簡単に予告しておく。

 前に予告したファンクラブ的な組織については、断念した。

 “東京外山一派”は、中野に店をオープンする。
 もちろん本来は高円寺界隈が望ましいのだが、よい物件が見つからなかったのだ。
 正式決定ではないが、店名は「素人の乱13号店『玄人の乱』」もしくは「玄人の乱1号店」となる可能性が高い。
 営業時間は短く、おそらく夜8時から12時まで、くらいになる。
 居酒屋である。

 昼間はここが“東京外山一派”の事務所となり、ポスターや冊子、自主製作CDやDVD、オリジナルTシャツなどの通信販売その他の実務をおこなう。
 この昼間の活動に参加したい者は、昼間いきなり訪れたりせず(これは迷惑)、まずは居酒屋の営業時間帯に足しげく通ってスタッフに“身内”と認識される努力を要す。

 6月中にオープンし、改めて告知する。

 3ヶ月に1回のペースで私と誰かのトーク・イベントを東京で定期的に開催する。5月14日の、「素人の乱」総帥・松本哉氏とのそれがその記念すべき第1回目となる予定だが、2回目以降の企画・運営もこの“東京外山一派”の面々が担う。
 私が必ず上京するのはこの定期イベントの時のみで、それ以外の大半を、私は九州で過ごす。

我々団 団員・準団員募集 まもなく開始

 党(我々団)建設に本格的にとりかかる。

 詳細は別項にまとめるが、沖縄を除く九州に在住の者が、
  綱領 http://www.warewaredan.com/contents/koryo.html
 に完全に賛同し、入団金5千円と初回団費5千円の計1万円を納入すれば団員となれる。団費は月額5千円である。
 九州以外の者は、同様の手続きを経て、準団員となれる。

 入団に際しては、氏名(戸籍名)、年齢、住所を必ず申告してもらう。電話番号、メールアドレスがある者は、それらも申告してもらう。また、職業や取得技能なども詳細に申告してもらう。
 入団の申し込みはメールや手紙でかまわない。メールアドレスは「warewaredan@mail.goo.ne.jp」、手紙の送り先は「熊本県熊本市本荘5-12-5-402 外山恒一」である。入団金などの振込先は5月末までに改めて告知する。

 また、入団の申し込みに際して、(他の入団者に)連絡先を明かしてよいという者は、その旨も明記すること。
 近在(同一都道府県内ていど)の入団者にその者の連絡先を外山が告げる形で、その地域の暫定的なまとめ役となってもらう。
 もちろんこの場合の公開連絡先は、メールアドレスや携帯電話番号でよい。

 懸案の私塾開設は先延ばしとする。
 別項にあるとおり、団員・準団員が計100名を超え、つまり我々団の活動資金が月50万円を超えた段階で開設する。
 ただし開設の準備はそれ以前から開始するから、とくに九州在住の団員にはこれに協力を求める。

 その他、構想の詳細は別項を参照のこと。
 また、さらに詳しい構想を近日中に、
 http://www.warewaredan.com/
 に掲載するから、そちらも参照のこと。

 入団受付は07年6月1日からおこなう。入団の意志のある者は準備をしておくように。

我々団 団員・準団員 募集開始にあたって

沖縄を除く九州に在住する者が、
  綱領 http://www.warewaredan.com/contents/koryo.html
に賛同し、
入団金5000円、
および団費月額5000円を納めれば、
団員となれる。

九州在住でない者は、
同様の手続きを経て、
準団員となれる。

団員・準団員(以下「団員」と総称する)は、
入団金納入と引き換えに、
以下の必読文献を渡されるので、
ひと月以内に読了すること。
 ・外山恒一『注目すべき人物』
 ・福田和也『魂の昭和史』
 ・村上龍『愛と幻想のファシズム』
 ・赤瀬川原平『東京ミキサー計画』

制服はないが、
ファッション・センスに自信のない団員は、
とにかく黒いもので全身を覆うこと。

団自身は右翼でも左翼でもないが、
原則として左翼は敵であり、右翼は友である。
右翼の信頼を得るため、団員に以下の努力義務を課す。
 ・歴代天皇をすべて覚えること
 ・高校教科書レベルの、史上有名な和歌を、
  最低30首は暗誦できるようにすること

団員は歴史、とくに近現代史をよく学習すること。
(日本史、世界史とも)。
各支部所在地の郷土史についてもざっと学習すること。

団員は、指定された必読文献100、
必見ビデオ100、必聴CD100を、
可及的すみやかに(2年目標)消化すること。

団員は、半年に一人を目標として、
新しい団員の獲得努力をすること。

まずは九州各県に、
それぞれ5名以上の勢力形成を目標とする。
九州外の準団員は、
九州へ自ら移住することも常に検討しつつ、
新規勧誘者に九州移住を促すなどして、
これに協力すること。

初期においては、
禁煙キャンペーン粉砕闘争を
活動の主軸とする。

可及的すみやかに、
各県庁所在地および北九州市に、
各県本部および北九州本部を設置し、
事務所を開設する。
禁煙キャンペーン粉砕闘争の過程で、
団外からのカンパを求める他、
初期においては、
団費の額や徴収方法は、
各県本部の判断に任せる。

可及的すみやかに、
各県本部はそれぞれに機関誌を創刊する
団員数が全体で50名を越えた時、
団全体の機関誌『人民の敵』を創刊する

団員は、3名以上の構成で、
季刊以上のペースで機関誌を発行することで、
各県本部の下部に支部を組織することができる。
同一区域に複数の支部が乱立する事態も認める。
支部ごとに活動方針や作風が異なってよいが、
支部間の対立・抗争は固く禁じられる。

本部・県本部・支部とも、
その機関誌は紙媒体とする

団員数が全体で100名を越えた時、
臨時総統・外山を塾長とする、
幹部活動家養成塾を創設する。

幹部活動家養成塾の創設から2年以内に、
その出身者から正式の総統を選び、
外山は臨時総統を辞する。

幹部活動家養成塾の出身者から、
適した者を選び、
団の組織的支援のもと、
可及的すみやかに、
団専属の弁護士を育成する。

団員数が九州全体で200名を超えた時、
団員を九州各地の地方議会へ送り込む、
本格的な選挙運動の開始を検討する。
この場合の候補者も、
原則として幹部活動家養成塾の出身者から選ぶ。

2007年05月20日

明日21日、札幌市某所で講演会

 明日夜8時から、先日告知したとおり、札幌市内某所で講演会をおこなう。
 なぜ「某所」かというと、主催者側の都合により、あんまり広く宣伝されると困る、とのことなので。
 で、こうすることにした。

 参加希望者は、夜7時半、地下鉄北24条駅3番出口集合。
 そこから会場まで引率します。
 参加費は無料。
 集合に遅れたら参加できません。

 まあ講演会とは名ばかりで、質疑応答形式の事実上の交流会となる。
 二次会もやる。
 なかなか札幌に来る機会は少ないと思うので、この機会にぜひ多くの人と交流したい。
 んなわけでよろしく。

2007年05月29日

ネットラジオ、ネットテレビ

 http://www.warewaredan.com/
 から直接リンクしている熊本のネットラジオ・FMC以外にも、このかんいろいろ出演していたのだが、いちいち告知する余裕がなかった。
 覚えている範囲で、以下、順不同で羅列しておく。

 ネットテレビ 『天下取ります』
 http://odoroku.tv/vod/000001240/index.html
 なんか、可愛らしいアイドル2名と共に出演。

 ネットテレビ『東京デンジャラスNight』
 http://www.mandarake.co.jp/tv/movie/tdn/tdn_070515/index.html
 「まんだらけ」関係の番組だったと思う。

 ネットラジオ『ばってんラジオ』
 http://www.batten-radio.com/maeda/top/
 熊本の番組。

 ネットテレビ『ゲーム星人』
 http://gameseijin.com/motto/toyama/
 大阪の番組。

 なんだかよくわからない『en縁count』
 http://www.encount.net/rettou/2_2204.php
 カラオケボックスで物真似芸をいろいろ収録。毎週更新するとか云ってたけど。

 他にも何かあったかもしれない。指摘あれば追加する。

 出来その他はまちまちである。仕事選べよという声もあるだろう。私もまあ、そう思う。


 先日予告した6月3日深夜のラジオ出演とは、
 http://www.tbsradio.jp/life/themearchive.html
 である。
 http://www.tbsradio.jp/life/2007/05/63.html
 に詳しい告知がある。

2007年05月31日

我々団 団員・準団員募集 明日開始

 http://warewaredan.com/
 に本日中に要項がアップされることになろうが、いよいよ明日から正式に団員・準団員を募集する。
 多くの諸君の「決意」を期待する。

2007年06月03日

6月8日、高円寺で飲み会

 連日スタッフだけで事務的な会議ばかりやってるのもなんなんで、今回も一度だけ、広い枠で飲み会をやることになった。
 6月8日金曜の夜7時、例によって高円寺駅南口の、噴水のある広場に集合。遅れたら参加できない(都知事選の時みたいに百人二百人も集まるともう仕方がないのでその場で路上宴会に突入してしまうしかないが、まあさすがに今はそんなこともないだろう)。
 参加費も例によって割りカン。

2007年06月08日

外山恒一ファンクラブ「我々少数派」

以前から告知していたファンクラブサイトを7月2日から開始することになりました。

会費は無料です。

詳細は20日過ぎに改めて告知します。

2007年06月11日

玄人の乱1号店

 予定がコロコロ変わるが、今回に限ってはいい変わり方かもしれない。
 8月下旬に予定していた“外山系居酒屋”「玄人の乱1号店」は、7月上旬にオープンする方向で話がまとまりつつある。
 場所は高円寺駅南口から歩いてわずか1分!
 正式に話がまとまったらあらためて告知する。

6月17日・福岡

 6月17日に福岡で予定していたイベントはいろいろ事情があって中止する。
 が、福岡行き自体は予定どおりとする。
 そんなわけで、予定していたイベントの代わりに、「6月17日夜7時、西鉄福岡駅・三越ライオン口集合」。
 集まった人数によって、どこか居酒屋にでも行くか、その場で路上宴会に突入するか決める(ので必ず参加したい人は集合時間に遅れないように)。
 多くの諸君の参加を期待している。

2007年06月12日

来週早々、鹿児島

 今週中に鹿児島にも行こうかと思い、一度そう予告しもしたのだが、ちょっと難しそう。
 来週早々、18日か19日か20日か、そのあたりに行くことになりそうだ。
 しかしここ1、2週間は予定がかなり流動的なので、こんなこと云いつつ、やっぱり今週中に行くってことになるかもしれない。
 そんなわけで鹿児島在住者はココを頻繁にチェックのこと。

2007年06月13日

外山恒一逮捕

warewaredan.comのドメイン管理者です。
外山恒一が逮捕拘束されました。詳しくはサイトトップを参照ください。本ブログは外山恒一の釈放まで一時更新休止します。

2007年07月12日

『スタジオボイス』と『SHOW-OFF』

 告知を二つ。
 現在書店に並んでいる『スタジオボイス』の政治特集に私へのインタビュー記事が掲載されている(しかし1年ほど前の『クイック・ジャパン』といい今春の『論座』といい、ほんとに「政治の季節」だね。まあ『QJ』『論座』には私は登場してないけど)。
 それから高円寺界隈で無料配布されているらしい『SHOW-OFF』という小冊子のたぶん今出ている号にも、やはり私へのインタビュー記事が載っている。こちらはなんか、話が脱線して私が仏教について熱く語ってしまったくだりに相当の字数が割かれており、ちょっとヘンかもしれないが、まあ。

2007年07月16日

8月20日、ネイキッドロフトでイベント

 かなり前から決まっていたのだが、告知するのをすっかり忘れていた。
 8月20日(月)、またまたネイキッド・ロフトでイベントをやる。
 以下、告知文。

 「第三回政府転覆共同謀議~外山恒一(また)不当逮捕!~」
過激な政権放送で春の東京都知事選を大混乱に陥れたアノ男が、突如逮捕された。内乱罪? 破防法? いやいや容疑は原チャリによる2件の軽微な交通違反。えーっ、そんなことで逮捕までするかぁ!? と思ってよくよく調べてみると、外山が逮捕された6月半ばといえば参院選に向けた動きがいよいよ加速しはじめていた頃、そして釈放は早くてギリギリ参院選終了直後だという。なんだその革命的想像力全開の余地ありまくりのタイミングは! 当日までに外山が釈放されているかどうかビミョーなので詳しい内容は未定、ぶっつけ本番の一夜だが、いずれにせよ出演者一同は、政府による卑劣な選挙妨害の策謀か、近年のろくでもない交通取締りの実態か、どちらかを厳しく糾弾するつもりだ。と思っていたら7月半ば、参院選告示の前日に今度は突如釈放。きっと陰謀がバレたのがバレたのだ。というわけで危ぶまれていた外山の出演は可能となった。詳しい話は当日、本人に訊け!

 司会は例によって法政大学統一OB会の中川文人氏。
 そして気になる今回のゲストは、
 今井亮一氏(交通ジャーナリスト)
 鈴木邦男氏(一水会顧問)
 の二人。

 例によって午後6時半開場、同7時半開演。
 料金も、前売1500円、当日2000円だ。

 こぞって駆けつけるべし。
 会場までの地図などは、
 http://www.loft-prj.co.jp/naked/

2007年07月18日

『嫌韓流』!?

 別に秘密というわけではないという話なので、例の連載の件、具体的には以下のとおりだ。
 私が久々に連載枠を持つことになったという新雑誌は、

  大衆啓蒙MAGAZINE スレッド

 である。
 創刊号は7月30日発売。
 月刊とは銘打ってないが、月刊だそうである。
 版元は晋遊舎。
 そう、かの『嫌韓流』の出版社なのである。
 私の選択、間違ってないよね。

 私の連載タイトルは「ネット右翼矯正収容所」となる予定。
 創刊号にはこの連載と別に、先日の逮捕・勾留に関する「独占手記」も掲載される。
 カツモクして発売日を待て。

熊本で学習会でも……

 定期的にやりたいと思っているんだが、やれば参加するって人、いる?
 哲学・思想系の学習会になるが、予備知識は不要。
 「だめ連・福岡」時代に私が開発した学習会の形式は、やたらと時間がかかる代わりに、やたらと分かりやすく、ためになる。
 参加費はテキストのコピー代のみ。具体的には1回100円か200円か、そのくらい。
 日曜の夜とかで週1回ペースにしたい。

 やるなら参加するって人、まずは、
 warewaredan@mail.goo.ne.jp
 までメールを。
 あるていど(といっても数人でいいんだが)希望者がいれば、やろうと思う。

2007年07月29日

明日、裁判

 明日午後1時30分から鹿児島地裁203号法廷にて例の交通違反の裁判である。
 とくに何か面白いことをするわけではないけれども、原則的に淡々と無罪を主張するし、またちょっと偉そうな「被告人最終陳述」も用意したので、かなり大変だとは思うが、傍聴に来られる人は是非。
 すでに島根県から今日午前、傍聴のために九州入りしてくれている人がいる。また今夜、さらに兵庫県から一人、同様に九州入りする予定である。
 もちろんそもそも鹿児島在住の諸君は、万難を排してかけつけるように。

 裁判後、交流会もおこなう。
 さまざまの事情で傍聴には来られない人の参加も歓迎する。そういう人は夜7時、天文館の献血ルーム前に集合ってことでよろしく。

 あと、今夜もやるんだが、毎週日曜夜には熊本で哲学・思想系の学習会をやっているので、参加希望者はメールで連絡するように。

2007年08月01日

外山先生の文章が毎月読めるのは『スレッド』だけ!

 晋遊舎の新雑誌『スレッド』が先日ついに出た。
 詳しくは、
 http://www.shinyusha.co.jp/thread/
 を見よ。
 私にとって久々の連載となる「『ネット右翼』矯正収容所」と、獄中手記プラスα的な単発の原稿が掲載されている。
 書店へ急げ。

2007年08月04日

初公判レポート、近日アップ

 ついだらだらしてしまったが、すでにアップしてあるスタッフによる傍聴記を下敷きに、今日ずっと私自身によるレポートを執筆していた。
 さっき書き上げてサイトを管理しているスタッフに送ったので、今日明日じゅうにはトップページにアップされるだろう。
 というわけで今夜もこれから熊本市内で街頭稼業だ。

2007年08月13日

福岡在住の諸君!

 8月18日、福岡で交流会をおこなう。
 夜7時、西鉄福岡駅のライオン口に集合。
 どこか居酒屋にでも移動するので、参加希望者は遅れないように。
 参加費は、まあ居酒屋代を人数分でワリカンということで。
 なお、上記の時間にはムリだけど……という人は早めにメールで何時なら大丈夫か連絡を。なんか対応を考える。

 今回はいきなり直前に逮捕されたりしないよう祈るばかりだ。

2007年08月21日

公判日程変更

 今月27日に予定されていた鹿児島地裁での第二回公判は、9月18日午前10時に変更となった。
 検察側が、一方通行違反の時に私の原付を停止させた警察官を証人申請したらしく、その結果として。

2007年08月28日

選挙戦ドキュメンタリー

 ここ最近よく交流している葛西峰雄君が、映画美学校の卒業制作的な形で、私の先日の都知事選に関するドキュメンタリー映画を撮っている。正確には、私の都知事選と、素人の乱の松本哉君の杉並区議選とを扱ったもので、たぶん後者メイン。40分くらいの作品になるとのこと。
 その発表上映が、他の映画美学校生の作品と共に、

  9月14日(金)午後3時~
  アテネ・フランセ文化センター
   (東京都千代田区神田駿河台2-11-4F)
   (御茶ノ水・水道橋 徒歩7分)

 でおこなわれる。
 私はその時にはもう九州に帰っているので行けないが、首都圏の諸君はぜひ観に行くべし。
 入場無料とのこと。

 http://www.eigabigakkou.com/public/index.html
 http://www.athenee.net/culturalcenter/schedule/program/bigakkodocumentary/5etude.html
 も参照。

2007年09月06日

熊本での学習会

 熊本での学習会を再開する。
 これまでは毎週日曜夜だったが、今後は「毎週月曜夜」に変更する。
 参加費は資料コピー代100円とか200円とか(その日のテキストの分量による)。
 参加希望者はとりあえずメールで連絡を。

鹿児島で交流会

 9月18日午後7時、天文館アーケード・献血ルーム前に集合。
 集合して、どこか近くの居酒屋へ。参加費はそれのワリカン。
 集合には遅れそうだがぜひ参加したいという人は、何か対応策を考えるので、早めにメールで連絡を。

 もちろん、昼間っからヒマを持て余している正しい諸君は、午前10時からの鹿児島地裁での公判を傍聴すべし。
 今回はもう開き直って、裁判官を徹底的に怒らせてみるつもりだから、来る価値充分。

スレッド第二号

 告知するのをすっかり忘れていたが、私が現在唯一連載している雑誌『スレッド』の2号はすでに書店に並んでいる。
 http://www.shinyusha.co.jp/thread/
 読むべし。

2007年09月30日

mixiに加入

 何度も書いているようにほんっとIT方面には疎いので、意味もよく分かっていないのだがスタッフに勧められるままmixiに加入した。
 基本的にはすべてスタッフに任せっきりで、さまざまの対応もスタッフによる代筆となるが、私宛のメッセージ等には私が直接目を通すことにはなっている。
 私塾開設を前にすでに早々と共同生活をしている内弟子的スタッフが、「臨時総統観察日誌」を、このmixiの私名義のブログで近々開始するらしい。
 私のIDは「14368984」で、ハンドルネームは「外山 恒一」である。
 マイミク申請すべしと呼びかけるべしとスタッフに云われた。

スレッド第3号

 たしかそろそろ書店に並ぶはず。
 今回は(も)なかなかいいこと書いてる。と思う。

 それからついでにもう一つ告知しておくと、近々公開されるはずの映画『大統領暗殺』にコメントを寄せている。以下の「Reviews」欄を確認すべし。
 http://www.20071019.jp/

来週は怒濤の日々

 10年来の付き合いとなるテント劇団・風狂フーガの九州公演が1日、2日、4日とそれぞれ佐賀・福岡・鹿児島でおこなわれる。テントでしか会えない面々と久々に交流したいので、すべて駆けつけるつもりだ。
 そして云うまでもなく2日は朝9時50分から鹿児島で判決公判である。
 1日の佐賀公演を観て、交流して、夜中のうちに鹿児島へ移動して、極刑を云い渡されるやいなや福岡へ向けて出発、観劇・交流の後は翌々日の公演のために再び鹿児島へ出発……というハード・スケジュール。
 今回も車で、私と、やはり私と同じくつい最近免許を取得したばかりで、技術的には私よりヤバいスタッフとが交代で運転する。
 そんなわけで今回、公判の後の恒例の「交流会」はない。
 風狂フーガの公演情報をなんとか自力で調べて、観劇に来てくれればそこでいくらか交流できるだろう。もちろん、観る価値のある公演だ。ただし今回に限りテントではなくホールを借りての公演形態らしいが。

 前々からやるやると繰り返している99年の「投票率ダウン・キャンペーン」の映像編集とオリジナルTシャツ製作・販売については、やっと作業環境が整ったところで、この怒濤の数日間の後に、いよいよ本格的に着手し、これまたすごい勢いで今度こそ実現させる予定だ。

2007年10月04日

11/2日のイベントにさらにもう1人のゲスト

 ネイキッドロフトでの次回イベントに、元(?)だめ連のぺぺ長谷川氏の出演が決定。
 つまり、

 山本夜羽音
 ペペ長谷川
 中川文人
 外山恒一(司会)

 と。
 これで「80年代、90年代の運動史を語り合う」というテーマにますますふさわしい顔ぶれとなった。

 今回は金曜日だし、これまで以上に多くの諸君の来場を期待する。

2007年10月05日

オリジナルTシャツ

 「我々少数派」ブログや、ミクシィでスタッフがやってるブログではすでに報告しているとおり、昨日、鹿児島でちょっと事故った。
 運転していたのは私ではなく同行スタッフだったのだが、間の悪いことに例の「全部私がやりました」Tシャツを着ており、警官にも軽く突っ込まれてしまった。
 その写真を上記ブログに掲載したところ、「このシャツ欲しい」の声が殺到しているとのことで、スタッフが急遽、その販売を決めた。
 1枚2千円という値段設定に反発する向きもあるかもしれないが、これはもともと近く始める予定だったオリジナルTシャツ販売の方針として決めていたことだ。当初はまず5種類の販売を開始する予定だったが、それが6種類に急遽変更になったという話。
 今その渦中であるテント芝居の観劇ツアーが終了しだい着手するので、もうしばし待て。

2007年10月08日

「8倍判決」を受けて

 判決公判についてのレポート、昨夜書き上げて更新担当スタッフに送ったので、今日あたりトップページにアップされるだろう。
 また、ついでに今回の判決の報道について、一文をまとめてそれもさっき同スタッフに送ったので、これも今日明日じゅうくらいにアップされるだろう。
 観劇ツアーの真っ最中の出来事だったので対応が遅れたが、まあ読むべし。

2007年10月18日

新連載決定発表

 都知事選であれだけ世間に才能を見せつけてやったにもかかわらず、私に執筆依頼をしてくるメディアはほとんどなく(インタビューは結構あったが、私は「書き言葉」の人間であることはこれまでにも何度も強調してきているとおり)、ほぼ唯一の例外であった嫌韓流の版元の新雑誌『スレッド』もわずか3号で休刊となってしまい、悲しみに打ちひしがれていた矢先、捨てる紙あれば拾う紙あり、別の雑誌から新連載の打診があった。
 で、先日、連載開始が決まった。
 連載タイトルは「革命のエチュード Anarcho-Fascio」となる予定。
 編集部から送られてきた企画書に、「政治的であるかどうかは問わず、日々活動されている中で特筆すべきトピックを取り上げ、それについてのエッセイを毎月ご執筆いただくことを想定しています」とあり、原稿用紙3枚程度の軽いものとなりそうだ。
 その第1回原稿が掲載される号が、早くも11月6日に発売となる。

 掲載誌は、『スタジオボイス』である。

11月2日、ネイキッドロフト

 どうもここではちゃんと告知していなかったような……。

 3ヶ月に1回くらいのペースで東京・ネイキッドロフトで開催しているイベント「政府転覆共同謀議」、その第4回目は11月2日におこなわれる。
 ネイキッドのサイトのスケジュール表から引用すると、

  「第四回政府転覆共同謀議~革命運動史の空白を埋める~」
 全共闘以後も若者は闘い続けていた。にもかかわらず、それらは現在ほとんど「なかったこと」にされている。断片的な史料しか残されていないからだ。とくに、マスメディアの機能が完全に失調して以後、ネットが普及する以前、つまり80年代後半から90年代前半にかけては、もはや入手困難な当時のミニコミやビラでしかうかがい知ることのできない、「謎の10年」とも云うべき革命運動史の空白と化している。
 この空白を埋めるべく、当事者としての体験をもとに現在サイトで「通史」を執筆中の外山恒一が、80年代を法政大学ノンセクトのリーダーとして駆け抜けた中川文人、そして反管理教育運動や反原発運動に身を投じ、さらには反天皇制全国個人共闘「秋の嵐」のメンバーでもあった山本夜羽音ら、“80年代異端派左翼シーンの生き証人”たちと語り合う一夜。
【出演】
外山恒一(革命家・歴史学者)
中川文人(法政大学統一OB会)
山本夜羽音(社会派エロマンガ家)
他、交渉中
OPEN18:30 / START19:30
前売¥1,500(+1drinkから)
当日¥2,000(+1drinkから)
前売チケットはNaked Loft店頭にて販売中!
電話予約も受付中!
【問】Naked Loft 03-3205-1556(16:30~24:00)

 となる。
 その後、元(?)だめ連のぺぺ長谷川氏の出演が決まったことだけは、なぜかすでに告知しているとおり。


 会場への地図ほか詳しくは「http://www.loft-prj.co.jp/naked/」を。
 今回は初めての金曜開催だし、とくに首都圏の諸君はこぞって足を運ぶべし。

オリジナルTシャツ

 前々からの懸案のひとつであったオリジナルTシャツの製作と販売、ついに実現にこぎつけつつある。
 まずは相○みつ○の字をコピーして切り貼りして……という例の私の過去の前衛芸術作品から、「みんな死ねばいいのに ○つを」と、「生きていてもしかたがない ○つを」の2種類、そして先日の法廷で私が着用した「全部私がやりました。」Tシャツの計3種類を量産し、売り出す。
 すべて1枚2000円均一。

 11月2日のイベント会場で2種類の「○つを」Tシャツを直接売るのを皮切りに、その数日後には「全部見私が…」Tシャツも出来上がるので、おそらく11月前半中には公式サイトに通販で入手する方法が告知されるだろう。
 欲しい人は要チェックということで。

 もちろん、それらの売り上げをもとに、さらに別のデザインのものも続々発表される。

投票率ダウン・キャンペーン動画

 これまた前々からの懸案である8年前の革命的行動の動画記録の編集作業がここ数日で飛躍的に進んでいる。
 「iMovie」を使って私が自分で編集作業を進めているのだが、このソフトを使うこと自体が初めてであるまったくの素人にしてはそれなりのレベルに仕上がりつつある。
 3部構成で、それぞれ4、5分の計12、3分の作品となりそうで、すでに数日前に第1部を完成させ、第3部も昨日ほぼ完成させた。
 うち第1部を20人くらいのスタッフや友人知人に直接見せたり、やたら重い添付ファイルにして送ったりしてみたが、なかなか評判はいい。
 そんなわけでもうしばらく待つべし。

2007年10月19日

新作動画公開

 ほんとは3部構成の計12、3分をすべて完成させてから公開しようと考えていたのだが、第2部、第3部を完成させるにはもう数週間かかってしまいそうなので、すでに完成した第1部のみ先行公開することにした。
 第1部には1999年の、つまりファシストに転向してスキンヘッドになる前の私の姿は出てこない。それは第2部、第3部をお楽しみに。
 ともかくまあ、見てくれたまえ。

http://jp.youtube.com/watch?v=sATSo7dvHXQ

2007年11月01日

明日、ネイキッドロフト

 多くの諸君の来場を待っている。
 なお、(もっと早く云うべきなんだが)、公式サイト中の「青いムーブメント」を熟読していった方がトークの内容がよりいっそう深く理解できるだろう。
 http://www.warewaredan.com/contents/sakuhin.html

 明日は作ったばかりの相田○つをTシャツも会場で販売する。
 デザインは、「みんな死ねばいいのに」と「生きていてもしかたがない」の2種類。私のオリジナルTシャツは、今後作るぶんもすべて一律2000円。

2007年11月24日

唐突に鹿児島で交流会

 突然だがちょっと鹿児島に行く用事ができたのでそのついでに交流会でも。
 今度の日曜日(もう明日じゃん)、「夜8時、天文館アーケード・献血ルーム前集合」ってことで。

2007年11月27日

mixiにコミュニティを

 mixiに私(のスタッフ)が管理する新しいコミュニティを立ち上げた。
 「鹿児島少数派」。
 名称のとおり、鹿児島(県)在住の諸君しか参加できない。
 今後約半年ほど、鹿児島での活動に力を入れるという新方針に基づいて。
 そんなわけで鹿児島で苛立っている少数派の諸君はこぞって参加すべし。

 鹿児島以外の諸君。
 九州各県(沖縄を除く)については類似のコミュニティをいずれ立ち上げるつもりなのでそれを待て。
 九州外および沖縄での活動については関知しないから諸君で勝手に展開すべし、との方針はこれまでのとおり。

京都大学熊野寮でイベント

 12月7日、京都大学熊野寮祭でのイベントに出演する。
 学園祭がらみのイベントには原則として出演しない方針なのだが、学生運動の伝統ある京大熊野寮からのオファーとなればこれは例外扱いである。
 講演を、とのことだったが私は一方的な喋りは(きっちり練った脚本なしには)苦手なので、全編来場者との質疑応答スタイルで、とお願いした。


 日時
 12月7日16:00〜
 場所
 京大熊野寮食堂


 料金については聞いてない。たぶん無料だと思うが、責任はもてない。
 いずれにせよ関西の諸君はこぞって押しかけるべし。

 

2007年11月29日

投票率ダウン・キャンペーン動画その2

 さきほど完成させアップした。
 ちょっと音声が悪い。
 もともと悪かったので字幕をつけ、その作業がメンドくさかったのだが、実際にアップしてみると予想していたより音声はさらにずっと劣化している。
 もしかしたら後日、改良するかもしれない。
 つねづね予告しているとおり、これは3部作である。第3部の公開にはもうちょっと時間がかかりそうだが、気長に待っててくれ。

2007年11月30日

鹿児島でまた交流会

 鹿児島での活動強化キャンペーン展開中、というわけで、先週に引き続き、また日曜日に交流会をおこなう。
 12月2日(日)夜8時、天文館アーケード・献血ルーム前に集合。
 すぐ居酒屋へ移動して数時間熱く交流。参加費はワリカンで一人およそ3000円前後か。

BEWEのブログ「我々少数派」を終了します

 本日をもってBEWEで続けてきたブログ「我々少数派」を終了します。
 明日から、アメーバ・ブログに移行して続行します。
 http://ameblo.jp/toyamakoichi/
 つまり、会員制ではなく誰でも読めるブログになります。
 引き続き、あるいは新たによろしく。

2007年12月12日

鹿児島と福岡で交流会

 毎週日曜にやると告知していた鹿児島交流会、どうも集まりが悪いので、ちょっと曜日を変更してみる。
 次回の鹿児島交流会は、12月19日(水曜日)。

 で、同23日(日曜日)には福岡で交流会をおこなうことになった。

 鹿児島は「天文館アーケード・献血ルーム前」、福岡は「西鉄福岡駅・ライオン口」。
 いずれも夜8時集合で、それからすぐ近くの安い居酒屋に移動して歓談。参加費はそのワリカンなので、1人3000円前後。

2008年01月09日

阿佐ヶ谷ロフトでイベント

 すでに知っている向きも多かろうが、今月下旬および来月上旬に、阿佐ヶ谷ロフトでイベントに出演する。
 お見せの場所等は、http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
 以下はお店のスケジュール表より。

      ※      ※      ※

  1月21日

早見慶子「I LOVE 過激派」出版記念トーク
「80年代、日本のラジカリズム」
80年代バブルの時代。セレブなお嬢様にならず、なぜかゲリラの激しい過激派で活動していた早見慶子の『I LOVE 過激派』出版記念トーク。80年代のラジカリズムとは何か?『I LOVE 過激派』を素材に異色の顔ぶれで語る。
【出演】
早見慶子
外山恒一
中川文人
鈴木邦男
ほか
OPEN018:00/START 19:00
¥1,000(飲食代別)<当日券のみ>


  2月4日

神津陽『極私的全共闘史』(彩流社)刊行記念
「1968年から40年、新左翼50年。もーっ、有象無象の運動だ!」
資本主義は危機に瀕している! ジャンクな貧民層は拡大する一方だ。大学も高校も危機に瀕している! バカな教員は高給取って飼育係、学生たちを「動物化」させている。これが「動物化するポストモダン」の現状である。でも、そんなのカンケーね~! 『蒼氓の叛旗』で全共闘運動に理論的支柱を与えた神津陽の新著刊行を機に、「政府転覆」で昨年都知事選を席巻した「ファシスト」外山恒一、映画「LEFT ALONE」、「ラザロ」の音楽監督にして絶対的窮民、早稲田大学不当逮捕糾弾闘争のリーダー花咲政之輔、「だめ連」からプレカリアート運動へとコリずにシブとく転戦するペペ長谷川の三人の後続世代が神津を囲んで徹底討論する。現代に革命運動はいかにして可能か? 「68年革命」は持続しているのか?司会は『1968年』(ちくま新書)等で日本の全共闘運動のイメージを一新した糸圭秀実。


【出演】
神津陽(評論家)
外山恒一(前衛政治家)
花咲政之輔(太陽肛門スパパーン)
ペペ長谷川(不安定雇用層)
糸圭秀実(文芸評論家)
OPEN18:30 / START19:30
前売¥1,500(飲食代別)
当日¥2,000(飲食代別)

2008年08月27日

再開

 現在の私の日々のあれこれはhttp://ameblo.jp/toyamakoichi/に書いており、ココは告知的な内容のみにとどめるという方針だったのだが、つい長いことサボっていた。
 以後、再開する。

過去に公開したオリジナル動画一覧

 近日中に新作動画を3つほど公開する予定なのだが、せっかくの機会なので、過去に公開した動画を以下、ずらずらと並べておく。
 例の「政見放送」しか見たことないって諸君も多かろうし。


  1 青年は仕事をやめる~無職青年社・社歌~

  2 賛美歌第13番

  3 外山恒一の「投票率ダウン キャンペーン」1/3

  4 外山恒一の「投票率ダウン キャンペーン」2/3

  5 外山恒一の「償い」
    (交通違反裁判で有罪判決を受け、
    「真摯な反省」の表明のために作った)

  6 外山恒一in熊本県知事選1/2
    (「なんかやってますよ」というアリバイ作りの
    ためだけの作品なので、面白くはない。2/2も同様)

  7 外山恒一in熊本県知事選2/2

  8 点睛の島
    (鹿児島市議選の準備過程での思いつき作品)

政見放送・試作版

 予告している、新たにYOU TUBEにアップする3作品のうちの1つ、「新作」でもなんでもないやつをまずアップした。
 まもなくスタートする革命家養成塾・黒色クートベの塾舎に持ち込んだ資料を整理していたら、コレが出てきたのだ。

 07年3月1日。
 東京・ネイキッドロフトで、「政府転覆共同謀議」と題したイベントを開催した。内容は実質、都知事選への立候補表明である。
 前半、選挙戦のイメージをあれこれと言葉で説明したのだが、いっこうに盛り上がらず、はっきり云ってシラーッとした、イヤな空気が充満していた。が、中盤、「うーん……じゃあコレを見てください」と云ってこの映像を流した途端、空気はガラッと変わった。
 そう。例の政見放送の、試作版である。
 イベントの4日ほど前に、例によって1人でカラオケボックスに行き、撮影したものだ。
 一部噛んでるし、最後のファックポーズもないのだが(あれは収録当日に急遽思いついて実行したのである)、ある種「貴重な映像」かもしれないと思い、公開する。

 ちなみに予告した残り2作品は、まったくの新作である。
 今月中に2つとも公開できるだろう。

2008年09月02日

アメリカ大統領選挙に立候補!

 予告していた新作動画を公開する。
 見れば分かるとおり、アメリカ大統領に就任することになった。
 そんなわけだから、もはやこんな属国の知事選だの国政選だの、まして市議選などに出てられるか。

 本当は中国語字幕、韓国語字幕、フランス語字幕、ドイツ語字幕、イタリア語字幕、スペイン語字幕、ポルトガル語字幕、ロシア語字幕、アラビア語字幕、イラン語字幕、そしてエスペラント語字幕など、10種類ぐらいのバージョンを一挙に公開したかったのだが、力量不足でできなかった。
 語学に堪能な諸君は、英語字幕を参考に、勝手にやってほしい。
 そのために、字幕のついていないパージョンも同時にアップしてある。

2008年09月03日

予告・字幕修正

 http://news.livedoor.com/topics/detail/3805558/
 などで報道(?)も始まった私のアメリカ大統領選挙出馬だが、英語字幕用の翻訳をしてくれた東京「素人の乱」界隈の日本人みたいなアメリカ人・ジェレミーが、ところどころ修正してほしいということで、まあ「9割方オーケー」という段階で(「この号が出る頃にはアップされているだろう」と連載ページに書いた『スタジオボイス』が発売されてしまったこともあって)早まって字幕編集してアップしてしまった私が悪いのだが、やはり中途半端なものが公開されてしまうのは普段から翻訳の仕事をしているプロとしてのプライドが許さないのだろう。
 ジェレミー、すまん。
 今夜はこれから塾生の養育費を稼ぎにいかなきゃいけないし、明日も午前9時から「授業」なのだが、変則的に明日は午前中上映会、午後読書会として、午前中に字幕修正の編集作業をやることにした。

 というわけなので、今のバージョンは明日の昼前後に一度削除し、入れ替わりに新しいバージョンをアップする。
 URLも変わってしまうはずなんで、そこんとこよろしく。

2008年09月04日

アメリカ大統領選にまた立候補!

 昨夜予告したとおり、英語字幕を修正したバージョンを公開する。いろいろ手間取って、予告した時間より少し遅くなってしまったが。
 旧版は削除したので、リンクなど張っていた諸君もまた修正すべし。

 ところで云わずもがなのことをわざわざ云わなければならないことが近年あまりにも多くてウンザリしている。今回の反応を見ていても、「やっぱり分かってねえなあ」と嘆息させられる。
 この嘆かわしい状況下においては、説明しなきゃならないことは他にもたくさんあるようなのだが、メンドくさいから今回の新作動画に関しては1点だけ。
 BGMはドヴォルザークの交響曲「新世界より」(第4楽章)である。タイトルにある「新世界」とは、もちろん「新しい国・アメリカ」のことだ。この程度のことも知らない奴にゴチャゴチャ云われたくないよ、まったく。
 まあ、今回はそもそも「世界発信」が前提なので、国内の雑音はどーでもいいっちゃあいいんだが。

2008年09月09日

新作動画・投票率ダウン・キャンペーン3/3

 やっと完成した。
 ほんとはコレを大統領演説の前に要は「前フリ」として公開したかったんだけどなあ。

 「1/3」「2/3」とだいぶ時間差が生じたのは、観れば分かるが当時の映像を編集するだけでなく、今回新しく撮影しなければならない場面があったからだ。
 大統領選の演説よりは先に撮影したのだが、途中まで作っていたのを保存してた外付けハード・ディスクが急に動かなくなって、その修復に時間がかかったために製作が遅れた。

 ともかくまあ、楽しんでくれ。
 「1/3」、「2/3」を観ていない人、観たけど内容を忘れちゃった人は、「1/3」から順に観るべし。

投票率ダウン・キャンペーン1/3

投票率ダウン・キャンペーン2/3

投票率ダウン・キャンペーン3/3

2008年11月16日

11月22日、ロフトプラスワン

 告知するのすっかり忘れてた。
 久々に上京する。
 22日(土)深夜、だから正確には23日(日)未明の、ロフトプラスワンでのイベントにゲスト出演する。
 イベントの趣旨は、正直云ってよく分からない。政治的・思想的な志向はほぼゼロの、おそらくサブカル的なイベントなんだと思う。行き当たりばったりで対応するつもりだ。
 詳しいことは、ロフトプラスワンのサイトのスケジュール表で確認すべし。深夜0時スタートだが、私が登壇するのは何時ごろなのかもよく把握してない。
 かなりテキトーな告知だが、まあそういうことで。

2008年12月20日

外山恒一、コブクロを語る!?

 出たばかりの別冊宝島『音楽誌が書かないJポップ批評 コブクロ 恋愛ソングで泣く!』になぜか原稿依頼されて、「コブクロに関して云いたいことは何もない」と返答したにもかかわらず「そこをムリヤリにでも」と説得されて実際ムリヤリに書いた文章が載っている。
 なお、今回はコブクロとラブソング全般との二本立ての特集号で、実はそのラブソング特集の方にも寄稿している。「私が泣いたラブソングBEST3」みたいなコーナー。はたして外山恒一はどんなラブソングに「泣いた」のか!? 詳しくは書店で。

2009年02月09日

新規塾生募集要項

 革命家養成塾・黒色クートベの第1期も終わりに近づき、ついては次期塾生を募集します。
 公式サイトにはしばらく反映できませんが、募集要項はかなり変わります。
 入塾にあたってこれまで課していた条件(半年間であること、卒塾後に九州にとどまらなければならないということ)は事実上、なくなります。
 入塾は、3月1日以降、いつからでも構いません。入塾したその日から、最大半年間、宿泊費・食費無料で修行生活できます。
 つまり、「できるだけ半年間とどまってほしい」ということです。例えば2、3ヶ月では、身につけられる教養の水準を保障できませんが、極端な場合には1日2日だけの体験入塾的な入塾も可能となるわけです。
 これまでのものに代わって入塾者に改めて課せられる条件は、3月以降に予定している我々団の活動(ビラまきなど)を塾舎にいる間は必ず手伝うということです。かなり頻繁に、たいていは早朝となりそうですが、ビラまきはおこなわれます。他にも、月に1回発行する機関誌のホチキス止め作業などがあるでしょう。
 もちろん、いきなり来られるのは困ります。事前に、何月何日から入塾したいという希望をメールで伝えてください。
 それでは、たくさんの諸君の志願をお待ちしております。

 例えば4月から大学へ進学する予定の諸君には、春休み期間を利用しての1ヶ月入塾をお勧めする。


2009年03月01日

サイト全面リニューアル!

 サイトを全面的にリニューアルしました。
 かなり見やすくなったかと思います。
 http://www.warewaredan.com/

定期交流会を始めます

 毎週日曜の夜に我々団主催の定期交流会をおこないます。
 一回目は、3月8日19時から、福岡市南区某所のアジトにて。
 場所を知らない人は、18時30分に西鉄井尻駅改札に集合してください。
 集合に間に合いそうにない人は、前日までにメールをください。

2009年03月19日

総統が3月24日からしばらく鹿児島に滞在します

 ワケあって来週火曜(24日)あたりから総統・外山恒一がしばらく鹿児島に滞在します。
 場合によっては2週間ぐらい滞在するかもしれません。
 (ただし毎週日曜夜は福岡のアジトで交流会なので、仮に2週間いるとしても、その間の日曜月曜あたりは福岡に一時的に戻りますが)。
 とりあえず鹿児島での交流会を28日(土曜)におこないます。例によって天文館アーケード・献血ルーム前に19時集合。
 なお、参加したいが19時集合は無理、という人はその旨、前日までにメールください。対応します。
 また、28日は無理、という人。今回は比較的長期滞在なので、双方の時間の都合が合えば個別に対応しようと思います。都合のいい日時を同じくメールで伝えてください。

2009年03月30日

熊本市で交流会やります

 熊本での交流会を4月4日(土曜)におこないます。新市街アーケード・マクドナルド前あたりに19時集合。
 なお、参加したいが19時集合は無理、という人はその旨、前日までにメールください。対応します。

2009年04月02日

論壇誌デビュー

 ※検索サイト等からいきなりこのブログにアクセスした方へ。ここには「我々団」もしくは「外山恒一」に関する詳しい情報はありません。公式サイトへ移動してください。

 「本格的に論壇にデビューするつもりで都知事選に出て名前を売ったのに、何の効果もなかった。今回のこれだって、都知事選効果ではなくて、要するにスガさんキッカケだからなあ」と相変わらずグチっている総統の、ついに初の論壇誌進出を告知。
 いきなり「賀川豊彦について書け」(参考http://ja.wikipedia.org/wiki/賀川豊彦)との依頼に、賀川豊彦には何の興味もない総統が四苦八苦して応えた原稿「ファシストの目に映る賀川像 ムソリーニとの比較を軸にして」(タイトルは編集部)が掲載された、季刊『at』15号が出て書店に並んでいる。
 http://www.amazon.co.jp/季刊『at-あっと-』15号-上野-千鶴子/dp/4778311728/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1238655636&sr=8-4
 買ってもらう方がもちろんいいんだろうが、大きな書店になら文芸誌・総合誌のコーナーに並んでいるだろうから××××××××(自主規制)。
 とにかく読むべし。

About 告知

ブログ「我々団(九州ファシスト党) 告知用ブログ」のカテゴリ「告知」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは中学生が訳すROCKです。

次のカテゴリは近況です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。