« 2006年07月 | メイン | 2006年10月 »

2006年08月 アーカイブ

2006年08月11日

悪意訳 イマジン

 消去法で書籍広告が一番充実した『朝日新聞』を購読しているのだが、今朝は自社新刊として『自由訳 イマジン』なんてシロモノが広告されていた。
 ふだん「敵の研究を怠ることなかれ」と自らに云い聞かせている私だが、さすがにこれはわざわざ読むまでもなくろくなもんじゃないと分かる。
 恥ずかしながら私もジョン・レノンは結構好きなのだが、反戦デモとかで今だに「イマジン」だの「平和を我等に」だの流したがる左翼のロウ・センスを目の当たりにすると、ついつい茶化してみたくもなるというものだ。
 実は以下のネタもやっぱり例によって例の時期に着想したもので、具体的な文言をあれこれ検討しながら独房でニヤニヤしていたのだが、いい機会だから完成させて発表しよう。
 なんか悪ノリしてるうちにどんどん原詞から離れてしまったような気もするが、でも実際、大枠こんな歌だよなあ。


  想像力が権力を奪う(悪意訳「イマジン」)

 「英霊」なんかいるわけないだろう
 科学的な認識ってやつを身につけろよ
 天国も地獄もない
 空とか地面があるだけだ
 人々よ単に今を生きろ
 動物化するポストモダン

 労働者に祖国はない
 失うものは鉄鎖のみ
 命を賭けるに値するものなどない
 宗教はアヘンだ
 人々よ日々何事もなく
 終わりなき日常を生きろ

 そんな思考停止したサヨみたいなのは
 おまえ一人だけだと君は言うかもしれないが
 実はそうでもないんだぜ
 君も早く目を覚ましてこっちの世界に来いよ


 私有財産の廃止!
 同意しないなら君は人民の敵だ
 生産力の増大がすべてを解決する
 世界は一家 人類はみな兄弟
 人民よ今こそ起て
 獲得するのは全世界だ

 そんな思考停止したサヨみたいなのは
 おまえ一人だけだと君は言うかもしれないが
 実はそうでもないんだぜ
 君も早く目を覚ましてこっちの世界に来いよ

2006年08月14日

福田和也・柄谷行人 対談

福田 僕は20代前半ぐらいに、バタイユとか、ブランショとか、前期ハイデガーとかを、けっこう熱心に読んでいたときに、革命ということを考えていくとどうしたって、バタイユは特にそうですが、ファシズムになってしまうんですよね。だから逆に、革命というためにはファシストであらねばならないということが非常によくわかってしまって、その認識に誠実であるためにファシストと称しているんですけれど。
柄谷 たぶん革命という概念でやると、ファシズムになるでしょうね(笑)。みんな、それに気づいていないだけで。

          福田和也『スーパーダイアローグ』より

2006年08月19日

魚住昭『特捜検察の闇』(文春文庫)より

 当事者主義という言葉をご存じだろうか。民主主義国家における裁判制度の基本構造を表した言葉である。法廷で原告と被告の両当事者が対等に弁論を闘わせ、裁判官は公平な立場から審判を下す役割に徹することを意味している。
 この当事者主義は、民事であれ刑事であれ、基本的には変わらない。刑事裁判では検事が国家の利益を代表して被告を訴追し、被告側には弁護士がつく。民事と違って一方の当事者である検事側が強制捜査権という武器を持っているため圧倒的に有利な立場にあるが、その当事者間の格差を是正するため「疑わしきは被告人の利益に」という大原則がある。
 こうした当事者主義の精神に貫かれた憲法や刑事訴訟法が裁判官に期待するのはどちらにも偏らない中立公平な判断であり、検事に期待するのは徹底した真実追究の精神である。そして法曹三者のうち唯一国家組織に属さない弁護士に期待するのは、どこまでも被告人の利益を擁護し、不当な国家権力の行使に異議を唱える在野精神と言っていいだろう。この法曹三者がそれぞれの役割を十分に果たして初めて民主主義の法システムはバランスよく機能する。
 司法の理念とされる「公正と透明」は、中坊の言うように弁護士が「公益的な職務」を義務的に行うことで実現されるわけではない。むしろ弁護士に求められるものは、たとえ「公益」に反したとしても、そして被告が血も涙もない極悪人であったとしても、どこまでも被告の権利を擁護する徹底した姿勢である。
 いま法曹界で進行しているのは、この当事者主義の精神の空洞化だ。弁護士たちが自らの在野性をかなぐり捨て、不良債権回収の「国策」に吸い寄せられたり、捜査当局を利する「刑事弁護ガイドライン」の創設を言い出したりするように、検事たちもまた真実の追究という自らの職務を忘れて単なる国策の遂行者に成り果てようとしている。

About 2006年08月

2006年08月にブログ「我々団(九州ファシスト党) 告知用ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年07月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。